• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > マクロビオティック:食材 > マクロビオティック食材:中庸の食材

    マクロビオティック:食材

    マクロビオティックで使用する食材についての解説

    マクロビオティック食材:中庸の食材

    ​マ​ク​ロ​ビ​オ​テ​ィ​ッ​ク​料​理​のレシピ集

    マクロビオティックでは、無双原理によって
    全てのものを陰性と陽性に分けて考えると紹介してきましたが、
    実は陰性と陽性以外にもうひとつ、中庸と言うものがあります。
    それは、陰性と陽性の中間で、陰陽のバランスがとれているもののことです。
    今回は、マクロビオティックの中庸の食材について紹介をしてみます。
    陰性にも陽性にも偏らないという中庸の食材は、
    マクロビオティックの食養法の中で、とても重要な位置を占めています。
    それは、私たちの健康を保つポイントでもあるのです。
    無双原理では、私たちが病気になるのは
    陰陽のバランスが崩れるからだと考えられているため、健康を維持することと、
    中庸を維持することは同じ意味を持つのです。
    そこで、食事の中心に中庸の食材を取り入れることが大切だ
    と考えられているのです。
    マクロビオティックの中庸の食材の代表は玄米です。
    マクロビオティックの食養法が玄米食を基本とするのは、
    中庸を理想とする無双原理から来ているのです。
    玄米以外の中庸の食材としては、黒ゴマ、小豆、海草などがあります。

    富​川​浩​一​の​マ​ク​ロ​ビ​オ​テ​ィ​ッ​ク​料​理​教​室
    婚活マニア