• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > マクロビオティック:食材 > マクロビオティック食材:陰性の食材

    マクロビオティック:食材

    マクロビオティックで使用する食材についての解説

    マクロビオティック食材:陰性の食材

    ​マ​ク​ロ​ビ​オ​テ​ィ​ッ​ク​料​理​のレシピ集

    マクロビオティックでは、無双原理という考えによって、
    全てのものを陰性と陽性に分けて考えています。
    その考えにより、食材にも陰性の食材と陽性の食材があると考えられています。
    そこで、無双原理の考えによる、食材の陰陽の見分け方について紹介します。
    マクロビオティックの陰性の食材の特徴は、地上に実る食材、長い食材、
    夏に収穫される食材だとされています。
    また、色が青系の食材、水分の多い食材、冷たい食材なども、
    マクロビオティックでは、陰性の食材だと考えられています。
    具体的には、地上に実る食材と言うのは、トマトやなす、きゅうり、豆類などです。
    これらはまた、夏に収穫される食材でもあり、陰性の食材とされています。
    色が青系の食材にあてはまるのは、なすびやぶどう、きのこなどで、
    水分が多い食材としては、トマトや大根、スイカなどが
    マクロビオティックの陰性の食材となっています。
    これらはまた、身体を冷やす作用を持つ食材だと考えられています。

    富​川​浩​一​の​マ​ク​ロ​ビ​オ​テ​ィ​ッ​ク​料​理​教​室
    婚活マニア