• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > マクロビオティック:健康法 > マクロビオティック:熱と頭痛への対処「豆腐パスター」

    マクロビオティック:健康法

    マクロビオティックを活用した健康法の紹介

    マクロビオティック:熱と頭痛への対処「豆腐パスター」

    ​マ​ク​ロ​ビ​オ​テ​ィ​ッ​ク​料​理​のレシピ集

    マクロビオティックの健康法には、熱と頭痛への対処として「豆腐パスター」という方法があります。
    「豆腐パスター」が有効な症状は、熱と頭痛、やけど、熱射病、脳溢血、
    胃カタルなどだといわれています。
    「豆腐パスター」の材料は、木綿豆腐とショウガ、小麦粉です。
    「豆腐パスター」の作り方は、水切りした木綿豆腐に、1割のおろしショウガを混ぜ、
    カップ1杯の小麦粉を加え、よく混ぜます。
    木綿豆腐は水切りをしない場合は、つぶしてから汁を絞り、水分を減らしてください。
    出来上がった「豆腐パスター」は布の上に伸ばして、患部に貼ります。
    貼ってから2時間程度で交換しますが、「豆腐パスター」は、
    熱を吸収すると黄色く変色しますので、それを目安に交換してください。
    すぐには熱が下がらなくても、根気よく続けることが必要です。
    また、熱が下がったら「豆腐パスター」をはずしてください。
    マクロビオティックには、食養法による健康法と、食材で作る湿布による健康法があります。
    食材から作る湿布は、身体に安全な手当て法として、
    マクロビオティックですすめられている健康法です。

    富​川​浩​一​の​マ​ク​ロ​ビ​オ​テ​ィ​ッ​ク​料​理​教​室
    婚活マニア