• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > マクロビオティック:健康法 > マクロビオティック健康法:肺炎への対処「鯉パスター」

    マクロビオティック:健康法

    マクロビオティックを活用した健康法の紹介

    マクロビオティック健康法:肺炎への対処「鯉パスター」

    ​マ​ク​ロ​ビ​オ​テ​ィ​ッ​ク​料​理​のレシピ集

    マクロビオティックの健康法として、食材を使った湿布法がありますが、その中でも、
    肺炎への対処に使用し、指導者の下で利用する注意が必要な湿布に「鯉パスター」があります。
    「鯉パスター」は、生きた鯉を使用するマクロビオティックの健康法です。
    「鯉パスター」の材料は、生きた鯉と小麦粉です。
    「鯉パスター」の作り方は、まず、生きたままの鯉の頭を叩き、包丁で適当な大きさに切ってから、
    頭も骨も全てをすりつぶします。
    すりつぶした鯉に、小麦粉を混ぜたらできあがりです。
    出来上がった「鯉パスター」は、油紙の上に伸ばして、胸に貼り付けます。
    「鯉パスター」は効果が強力だといわれているため、解熱後にはすぐにはずす必要があるため、
    胸に貼り付けたらすぐに体温計を脇に挟み、30分後とに熱を確認します。
    体温が37度になったところで、「鯉パスター」ははずしてください。
    「鯉パスター」は、マクロビオティックの指導者による指導が必要な健康法のため、
    一人ではできませんので、指導者がいない場合は「鯉パスター」の代わりに
    「豆腐パスター」を使用するようにといわれています。
    また、急性肺炎の場合は、患者さんに鯉の血を飲ませてから「鯉パスター」を貼ると、
    より効果的だといわれています。

    富​川​浩​一​の​マ​ク​ロ​ビ​オ​テ​ィ​ッ​ク​料​理​教​室
    婚活マニア